食事制限は栄養指導ではなく、ダイエットは健康法ではない

ご覧いただきありがとうございます。福岡の健康を支える疲労回復専門パーソナルジムBOOS fit代表トレーナーの山路達也です。このブログでも度々“食事制限とりわけ糖質制限は栄養指導ではない”ということを書いてきました。誤解を恐れずあえて言わせていただくと糖質制限の推奨者は栄養の『え』の字もご存知ないと言って差し支えありません。そのくらいのレベルです。

そもそも栄養とは食べ物を食べてから排泄するまでの過程のことを指しています。このことはどの栄養のテキストでも一番最初のページに書いてあることですがそれをすっ飛ばして栄養素のことを栄養だと考えている人にとっては寝耳に水の話でしょう。このことが1ミリでも頭の中にあれば、食事制限と栄養指導にそもそも大きな言葉の矛盾が生じていることに気が付くはずです。
口から入ってくる食べ物をいかにスムーズに排泄まで導くのか、そのためにどのような食事をどのようなタイミングで摂るべきなのかを指導するのが栄養指導であり、あれだめこれだめという食事制限なら素人でもできることだし、お客様ご自身でも取り組めることなのでそんなことにお金を投じることほどムダはありません。実際素人でも指導している感が出るので業界の半分以上が素人同然のパーソナルトレーナー業界には丁度いいのかもしれません。

話を戻します。
過度な糖質制限は論外です。
ここに議論の余地はありません。すでに過度な糖質制限は心筋梗塞と脳卒中のリスクを高めることは明白になっており、脳梗塞の発症リスクは1.3倍上がったという記事もあります。
糖質の中でも単純糖質と複合糖質があり、複合糖質であればある程度の摂取は可能。例えば白米や小麦製品を避けて玄米などに変えていきましょう、玄米は消化に負担がかかるため咀嚼に時間をかける、もしくは五分づきなどに変えるといいでしょう、その際に一緒に食べ合わせたいのが…というのが栄養指導です。
その知識も無くして短期のダイエットは危険で、そこで得た体というのは体重は減っても健康とはほど遠いものです。

とはいえある程度の糖質制限はやはり健康のためには必要で、街中でよく見かけるのがうどんといなりとかラーメンとチャーハンとか糖質オンパレードみたいなメニューを隣で食べてたりするのでそれはそれで不健康極まりないと言えます。ご自身の拳ひとつ分の糖質はやはり必要で、逆に言うとそれ以上は不要ということになります。ただ繰り返しになりますが糖質制限はこの拳ひとつ分の糖質も許さないレベルなので問題で、かと思ったら糖質は含んでいないので普通にお肉は食べてもいいですよとかトンチンカンなことをお客様にさせていたりするのです。

こんな栄養指導で2カ月20万?
それ継続できるんですか?継続できなかったら未来はもちろん見えていますよね?

国家医療資格者でタイ古式マッサージをする日本唯一のパーソナルトレーナー
福岡の健康を支える疲労回復専門トレーナー山路達也のブログ
劇的‼肩こり改善&一生肩こりに悩まないコースもあり
月額定額で始めるパーソナルトレーニング&タイ古式マッサージ

西鉄平尾駅、薬院駅ともに徒歩7分
福岡県福岡市中央区平尾1-10-20 BRAMASOLEhirao4A
疲労回復専門パーソナルジムBOOS fit

コメントを残す

今だけ体験トレーニング0円
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。