リラクゼーションと施術の分かれ道

ご覧いただきありがとうございます。福岡の健康を支える疲労回復専門パーソナルジムBOOS fit代表トレーナーの山路です。ほぐしサロンなどはリラクゼーションであり施術・治療は基本的に行いませんし、施術という言葉も店内ではあまり使わない印象です。一方、整体などはリラクゼーションとは施術という言葉を使い、リラクゼーションとは一線を画している印象があります。

リラクゼーションの場合はその名の通り癒しが目的のため、究極のゴールはお客様が眠ることです。一方の整体の場合はゴールは機能改善や疼痛改善、腕が挙がりやすくなるや腰痛が楽になるというところがゴールになります。
同じように筋肉を揉んだり押したりしているように見えますが、実はゴールが全く違うところにあるのです。

これはどちらが優れているとか偉いとかっていう話ではありません。目的が違うのでどちらが優れているのかはお客様のその日の体調によっても変わるでしょう。リラクゼーションと施術を明確に分け隔てるのは体の構造に対する理解があるのか否かです。
リラクゼーションの場合は筋腹(筋肉の真ん中)を押したり揉んだりするのが王道で、一番簡単かつ気持ちいいです。機能改善や疼痛改善を目的とする場合は筋の付着部(筋肉の端っこ)を触る必要があります。付着部は硬くなっていたり、筋の張力を感知して調節する器官がありますので、大雑把に触ることは許されません。

以上の理由から体に対する知識的には施術の方が難しいと一般的には言われます。そしてこの体の知識が大してないにも関わらず施術という言葉を使ったり治療という言葉を使ったりしている整体院や整骨院は山のように存在します。その点についてはまたいずれ書くとして…

また、タイ古式マッサージは一般的にリラクゼーションの部類に入りますが山路は施術として行います。結局はタイ古式もパートナーストレッチも○○式整体もカイロプラクティックも体を知っているかどうかで施術なのかリラクゼーションなのかが変わってきます。それは単純に骨や筋や神経だけではありません。というかその3つは知っていて当たり前で、普通です。

ブースフィットは山路が徹底的に体の知識に対する仕入れを行なっています。具体的には例えば疼痛改善をするには栄養学の知識が不可欠で、酸化油・砂糖・アルコールこの辺は体の炎症促進の三大栄養素で、常識的レベルですが九州ではほとんど誰も発信していませんよね。院内での指導はしているけど発信していないのか、知らないから発信しないのかは定かではありませんが…

姿勢改善と疼痛改善のための施術ならブースフィットへ。
ブースフィットの施術は根拠があります。
根拠があるから改善します。

国家医療資格者でタイ古式マッサージをする日本唯一のパーソナルトレーナー
福岡の健康を支える疲労回復専門トレーナー山路達也のブログ
劇的‼肩こり改善&一生肩こりに悩まないコースもあり
月額定額で始めるパーソナルトレーニング&タイ古式マッサージ

西鉄平尾駅、薬院駅ともに徒歩7分
福岡県福岡市中央区平尾1-10-20 BRAMASOLEhirao4A
疲労回復専門パーソナルジムBOOS fit

コメントを残す

今だけ体験トレーニング0円
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。