タイ古式マッサージの魅力

ご覧いただきありがとうございます。福岡の健康を支える疲労回復専門パーソナルジムBOOS fit代表トレーナーの山路です。

最近はパーソナルジムもいろんなカラーがありますが、なぜBOOS fitはタイ古式マッサージを選んだのか。また、タイ古式マッサージとは普通の施術と何が違うのかをご紹介します。

タイ古式マッサージは諸説ありますが約3000年前にヨガの一部として仏教とともにインドからタイに入り、寺院での奉仕活動の一環として独自の発展を遂げたと言われています。なのでタイ古式マッサージを語るうえで兄貴分にあたるヨガは欠かせませんし、大親分にあたるアーユルヴェーダの考え方も触れずにはいられません。

タイ古式マッサージの特徴は
①ストレッチと押圧のハイブリッド
②同時多点的なアプローチ
③セラピストの健康も大事にするという考え方

①ストレッチと押圧のハイブリッドテクニック
これはタイ古式マッサージに限らずありふれたテクニックではありますが、数千年も昔から取り入れているのはタイ古式マッサージだけ。筋膜リリースという言葉がここ数年のトレンドでしたが、筋膜リリースはストレッチも同時の行うことでようやく効果が出ます。圧迫だけで筋膜リリースをするには恐ろしいほど圧をかけないといけませんがストレッチを入れることでわずかな圧でも柔軟性の改善などの効果が期待できます。

②同時多点的なアプローチ
タイ古式マッサージはベッドは使いません。ベッドを使うとセラピストの足はセラピストを支えるために使ってしまいます。タイ古式マッサージでは足も施術のために使います。そうすることで同時多点的なアプローチが可能になります。
下の写真を見てみましょう。

この写真では両手で背中、両膝でお尻、両足でふくらはぎ
6点に対して同時に圧迫を加えています。この場所も大事で“筋膜連結”に沿って圧迫を加えています。筋肉はひとつだけを使うことは有り得ません。どの動作も連動するので疲労も連動します。ということは施術も連動する必要があります。

③セラピストの健康も大事という考え方
これもタイ古式マッサージの大きな特徴です。基本的にどこのほぐしサロンも“親指や手首は痛くなってなんぼ、一人前への登竜門だ”と教えられます。これもう控えめに言って意味わかんないじゃないですか?(笑)
いや、指も手首も痛めたら仕事にならんやろって心の中で思う訳ですが…タイ古式マッサージはもともとヨガであり、二人ヨガという異名もあります。ベッドを使わないところとも共通するのですが、セラピストも心地よくストレッチをしながら施術をできるので山路としてもお客様が来れば来るほど自分のコンディションが整うのです。

その他にもたくさんの魅力がありますので、追々書いていきたいと思います。セラピストにもお客様にも恩恵が多いタイ古式マッサージに国家医療資格の知識と様々な手技をお客様の身体の状態に合わせて提供するのが山路の特徴です。

国家医療資格者でタイ古式マッサージをする日本唯一のパーソナルトレーナー
福岡の健康を支える疲労回復専門トレーナー山路達也のブログ
劇的‼肩こり改善&一生肩こりに悩まないコースもあり
月額定額で始めるパーソナルトレーニング&タイ古式マッサージ

西鉄平尾駅、薬院駅ともに徒歩7分
福岡県福岡市中央区平尾1-10-20 BRAMASOLEhirao4A
疲労回復専門パーソナルジムBOOS fit

コメントを残す

今だけ体験トレーニング0円
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。